理法のページについて       

〔 番号 〕 〔 表題 〕 〔 関連するもの 〕
【336】解脱知見の確定
【335】孤独
【334】 定慧と仏道修行者
【333】 思いと言葉
【332】 根本の戒め
【331】 明けの明星
【330】 執著の結び
【329】 修行者の楽しみと栄え
【328】 覚りの根本の真理
【327】 大変だ!
【326】 覚りは一瞬に起こる
【325】 自分に甘い修行者
【324】 経典の主要部分
【323】 僧伽(サンガ)は主催できない
【322】 善知識(化身)を認知するには
【321】 予定調和と大団円
【320】 仏道修行者
【318】 得手を伸ばして
【317】 地獄に堕ちる悪行
【316】 真理と納得
【315】 懺悔の根底にあるもの
【313】 一つの常不軽菩薩縁起
【311】 どれが本体
【308】 善知識(化身)の出現を見るには
【306】 世を厭う気持ち
【304】 極悪
【300】 輪廻のこと
【298】 あり得べき正しい見解(2)
【296】 死ぬよりも前に
【294】 利点や長所
【292】 偶然ではない
【289】 人が為すべきこと
【287】 善知識出現の契機
【286】 地獄に落ちることはおそろしい
【285】 真実が開顕されるとき
【280】 公案は基本形である
【273】 遍歴の実際
【272】 解脱しない間は油断するな
【271】 弟子と仏縁
【268】 心の根底にあるものによって
【266】 正法によって覚る
【263】 仏弟子は迷いなく究極に至る
【261】 ふと耳にしたことで
【255】 諸仏は人々に宝を渡そうとしている
【233】 菩薩 菩薩の行ない(維摩経)
【219】 微妙なこと 覚りの縁起(Ud045)
【215】 仏道は厳しい道程なのか? 各自のことがら
【214】 仏道を歩むということ
【210】 難所
【170】 聖求は恥ずかしいことではない
【162】 口で言うこととは関係なく
【161】 すぐれている
【158】 苦の覚知
【106】 修行 いかなる修行によって...
【094】 裏切られないものを信ぜよ
【089】 聞く耳
【082】 利他の根底にあるもの
【077】 過失 懺悔
【075】 この世において最も不可思議なこと 二番目に不可思議なこと
【062】 真実の言葉
【060】 普遍妥当なる道
【054】 段階の説
【050】 仏智と人智
【043】 目の前の人
【042】 正しい道 「正しい」と言うこと
【039】 三種の明知
【037】 ブッダ 六祖慧能
【035】 縁起 二種の観察
【029】 無分別智 ”デビル”(知恵の輪)
【026】 発心
【025】 熱望 満ち足りたところから
【022】 為すべきことは為し終えた 死を超える
【011】 智慧
【008】 公案 ヒント
【007】 解脱
【004】
【003】 円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)
【002】 一大事因縁 法華経では