理法のページについてについて

〔 番号 〕 〔 表題 〕 〔 関連するもの 〕
【336】解脱知見の確定
【335】 孤独
【334】 定慧と仏道修行者
【333】 思いと言葉
【332】 根本の戒め
【331】 明けの明星
【330】 執著の結び
【329】 修行者の楽しみと栄え
【328】 覚りの根本の真理
【327】 大変だ!
【326】 覚りは一瞬に起こる
【325】 自分に甘い修行者
【324】 経典の主要部分
【323】 僧伽(サンガ)は主催できない
【322】 善知識(化身)を認知するには
【321】 予定調和と大団円
【320】 仏道修行者
【319】 修行が進んだとき
【318】 得手を伸ばして
【317】 地獄に堕ちる悪行
【316】 真理と納得
【315】 懺悔の根底にあるもの
【314】 無相と公案
【313】 一つの常不軽菩薩縁起
【312】 動揺と静止
【311】 どれが本体
【310】 愚者と賢者
【309】 膨大な経典?
【308】 善知識(化身)の出現を見るには
【307】 聖求を持つ機縁
【306】 世を厭う気持ち
【305】 潔い
【304】 極悪
【303】 理法に適った行為
【302】 賢者・菩薩が仏となる
【301】 一つの解脱知見
【300】 輪廻のこと
【299】 仏国土
【298】 あり得べき正しい見解(2)
【297】 あり得べき正しい見解
【296】 死ぬよりも前に
【295】 仏教に勤しむ
【294】 利点や長所
【293】 一つの言葉とそれぞれの理解
【292】 偶然ではない
【291】 世界のどこにいようとも
【290】 修行は一人でおこなうもの
【289】 人が為すべきこと
【288】 為し遂げたとき
【287】 善知識出現の契機
【286】 地獄に落ちることはおそろしい
【285】 真実が開顕されるとき
【284】 真っ直ぐな心
【283】 仏の行 菩薩の行
【282】 愛し好むものと執著
【281】 尊い
【280】 公案は基本形である
【279】 我が身にひき比べて
【278】 ミステイク
【277】 自分を真に正しく知る問い
【276】 覚りに向けた努力
【275】 観の奥義
【274】 覚りの障害
【273】 遍歴の実際
【272】 解脱しない間は油断するな
【271】 弟子と仏縁
【270】 得ることもなく失うこともない
【269】 知足論
【268】 心の根底にあるものによって
【267】 しあわせになるには
【266】 正法によって覚る
【265】 遍歴
【264】 しあわせを体得する人と地獄へ赴く者
【263】 仏弟子は迷いなく究極に至る
【262】 覚りはまぐれではない
【261】 ふと耳にしたことで
【260】 如来は誰もが覚り得ると説くが...
【259】 もったいないもの
【258】 愚か者の末路と賢者の帰趨と覚者の境地
【257】 「天網恢々疎にして失わず」
【256】 仏罰
【255】 諸仏は人々に宝を渡そうとしている
【254】 思いついたことによって解脱することは無い
【253】 如来が生きていく糧
【252】 ふと気がつけば
【251】 感謝 如来は誰よりも感謝する
【250】 布施・供養 布施・供養と覚りの完成
【249】 如来は人々が解脱することを疑わない
【248】 吉報
【247】 菩薩ではない者を菩薩であると見なす愚者
【246】 空・空観・無相・無相をも作為しない解脱
【245】 自分自身のあり方
【244】 恣意的に切り捨ててはならない
【243】 依存して保たれた身体によって
【242】 苦の因とその滅
【241】 真実の灯明
【240】 言葉と音声 音声に誘われる人
【239】 無明と真実の真相
【238】 ここは銀座?
【237】 すべての人は覚るべきである
【236】 色即是空・空即是色
【235】 考えただけでは
【234】 戒の二つの側面
【233】 菩薩 菩薩の行ない(維摩経)
【232】 供養するに値する人
【231】 止(シャマタ)と観(ヴィパサナー)および定慧
【230】 アドバイス
【229】 仏縁の衆生
【228】 如来に問うことと互いに語らうこと 如来とは無関係に覚る
【227】 真実に到達する方法
【226】 誰がために理法は説かれるのであるか
【225】 ものごとを問うということ 問うまでもなく得た答え
【224】 覚りについての所感 六祖慧能:定慧
【223】 何一つ無駄なことはない
【222】 法華経の不思議
【221】 雑感
【220】 しあわせの形
【219】 微妙なこと 覚りの縁起(Ud045)
【218】 念仏
【217】 行および為すべきこと
【216】 無師独覚
【215】 仏道は厳しい道程なのか? 各自のことがら
【214】 仏道を歩むということ
【213】 悪魔とその軍勢
【212】 愚問
【211】 仏智の現れ
【210】 難所
【209】 戯論
【208】 すべての人々をやすらぎに導くその法 「しかも」という言葉
【207】 不生なるものの本質
【206】 縁起は常住不変の本質ではない
【205】 慎しみについての理
【204】 因縁は起承転結とは無関係
【203】 因縁を生じるとき生じないとき
【202】 極めて重要な問い
【201】 不生なるもの
【200】 コミュニケーションそのものによらない
【199】 雪山童子の境地
【198】 異説と物語、およびそれぞれからの離脱
【197】 小さなうちに悪をとどめて 見ればわかる
【196】 面白さ
【195】 以心伝心およびそれを超えたもの
【194】 問うことによって
【193】 忘れてはならないこと
【192】 にわかには信じがたいこと
【191】 知ろうと熱望すべき真実とは何か
【190】 言葉によって得る人
【189】 頓悟ということ
【188】 真の善なるものの出現
【187】 切実な問いに対する答え
【186】 解脱の根拠
【185】 解脱が起きるその瞬間
【184】 心とすがたと覚りの因縁
【183】 我が身の行く末を顧慮して
【182】 諸仏の出現 音声の形をとって現れる
【181】 根底の束縛を離れて
【180】 行為の顛末と帰趨
【179】 観(=止観)のヒント
【178】 どうすれば覚りに近づき至るのであるか?
【177】 道の歩みに二の足を踏む人々
【176】 ただ自らに依拠して
【175】 どうすれば解脱できるのか? 自分も解脱できるのか?
【174】 空、無我ということ・[真如]
【173】 寂しく悲しいことがらとその超克
【172】 次第次第に
【171】 最悪を最善に転じる智慧
【170】 聖求は恥ずかしいことではない
【169】 仏を眼前に見てさとること
【168】 まっすぐに進めば目的地に到達する
【167】 他の人の言葉を理解する利益
【166】 因果のすがたの超克 因果と縁起と真如
【165】 言葉と文字・説とことば
【164】 尊敬するということ
【163】 疑惑を離れること
【162】 口で言うこととは関係なく
【161】 すぐれている
【160】 想い
【159】 それぞれの情と堂々巡り
【158】 苦の覚知
【157】 怯えからの解放
【156】 観を完成した立場
【155】
【154】 正しい解釈
【153】 人々の心を左右するもの
【152】 心を安んじる言葉
【151】 道中の不安
【150】 信は最上の財
【149】 心の汚れ
【148】 満ち足りた心の完成
【147】 情(なさけ)
【146】 世間の軛を離れて
【145】 ととのえられた心
【144】 端正な人
【143】 師事
【142】 よすが
【141】 最善
【140】 世の中を見て
【139】 実り
【138】 仁徳
【137】 賢者
【136】 相応なこと
【135】 最上の行ない
【134】 信仰のかたち 信仰を身につけること
【133】 省みることによって
【132】 悪をとどめて
【131】 正直な感想
【130】 欲望を制し導く
【129】 道の真実 危険がない道
【128】 堅固なる道
【127】 ここから始めなければならない
【126】
【125】 偽経 真偽を識り分けて
【124】 どこから出発したとしても
【123】 能く問う人 耳聡き人
【122】 道しるべ
【121】 高貴さによって
【120】 とりえ
【119】 高貴の人
【118】 善き語らい
【117】 見いだされるべき特相 すがたと無明の消滅
【116】 為し難きこと
【115】 疑惑 疑念
【114】 明知
【113】 恕(じょ)すこと 恕すことと許すこととは違う
【112】 熱望とその終焉
【111】 省察 省察のよすが
【110】 病いの克服と終滅
【109】 忌むこと
【108】 迷い
【107】 言葉の感覚的感受
【106】 修行 いかなる修行によって...
【105】 努力の結び
【104】 起承転結のかたち
【103】 習慣を離れる利益
【102】 初心
【101】 決意と決心 心を安んじ浄めるもの
【100】 できることとできないこと
【099】 供養と功徳
【098】 執著を離れかし
【097】 聡明なる人
【096】 間違いを畏れることなく
【095】 こだわりを捨て去ること
【094】 裏切られないものを信ぜよ
【093】 覚者が語る真実 知って語られる
【092】 苦のありかとその滅尽
【091】 真実ならざる断定と虚妄ならざる縁起
【090】 不退転のもの 変じるもの変じないもの
【089】 聞く耳
【088】 すぐれた行為
【087】 ”少なくとも...”
【086】 真理はつねに穏やかに語られる
【085】 経典に縁るということ
【084】 観音および観自在と名づけられるもの
【083】 善悪とその超越
【082】 利他の根底にあるもの
【081】 言説の根拠とその正否
【080】 学識 知識を超えて知られるそれ
【079】 煩い・憂い・苦悩のもと
【078】 ひねくれた心
【077】 過失 懺悔
【076】 非難と批判とを超えて
【075】 この世において最も不可思議なこと 二番目に不可思議なこと
【074】 直き心
【073】 学びの心
【072】 経を転じる
【071】 すぐれた言葉 すぐれた言葉(2)
【070】 在家であろうとも
【069】 物まね お話だけであるとしても
【068】 性格
【067】 言葉を用いる
【066】 最高
【065】 文字
【064】 教判
【063】 こだわり
【062】 真実の言葉
【061】 離れるべきこと
【060】 普遍妥当なる道
【059】 心構えの違い
【058】 心構え 五濁・偏見ある人
【057】 如来が称讃する二種の言葉 如来が言葉を発するとき
【056】 対比ではなくして
【055】 理解力
【054】 段階の説
【053】 四種の人生
【052】 発心している人
【051】 戒律 不殺生戒
【050】 仏智と人智
【049】 仏教経典の要旨 仏教経典の読み方
【048】 発心以前において
【047】 中道
【046】 功徳と福徳
【045】 如来(ブッダ)が世にとどまる理由 諸仏の誓願
【044】 人間関係の中にこそ 他の人を理解した人
【043】 目の前の人
【042】 正しい道 「正しい」と言うこと
【041】 自らにのみ依拠して 自らに依拠するとは何か
【040】 聖なる沈黙
【039】 三種の明知
【038】 サンガ(僧伽)
【037】 ブッダ 六祖慧能
【036】 出家 買い時
【035】 縁起 二種の観察
【034】 無我
【033】 空住
【032】 気をつけること よく気をつけている人
【031】 一切皆苦の真実
【030】 聖者の4つの階梯
【029】 無分別智 ”デビル”(知恵の輪)
【028】 愚かな行為
【027】 行為 何一つとして
【026】 発心 声聞などいない
【025】 熱望 満ち足りたところから
【024】 精励
【023】 暴力の渦中
【022】 為すべきことは為し終えた 死を超える
【021】 争うことが無い 無敵
【020】 我が身にひき較べて ひけらかさない
【019】 やさしさの起源
【018】 安心・安楽・安穏
【017】 善き言葉
【016】
【015】 大事(一大事) 大事な話
【014】 徳目
【013】 平等
【012】 人々(衆生) 錯覚
【011】 智慧
【010】 見事に説かれた言葉 見事に語られたこと
【009】 覚りのプロセス 覚りと同時に
【008】 公案 ヒント
【007】 解脱 のように
【006】 名称と形態(nama-rupa:名色)
【005】 尊敬されるべき人 周利槃特
【004】
【003】 円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)
【002】 一大事因縁 法華経では
【001】 慈悲喜捨 奇跡は?